ねじめ茶寮の紅茶ができるまで

摘み取り

2人用の機械で摘み取ります。

高さを合わせるのが難しいですが一芯二葉から三葉で

摘めるように息を合わせて頑張ります。


萎凋(いちょう)

摘んできた茶葉をできるだけ薄く棚に広げます。

この時に太い茎や堅い葉を取り除き、一晩ほど置いて

葉の水分を抜きます。(しおれさせます)

この時の香りで紅茶の出来が決まるとも言われる

大切な行程です。


揉捻(じゅうねん)

機械で揉みます。

揉むことにより葉にキズをつけ、酸化を促します。

茶葉の状態や季節によっておもりの重さや

時間を調整します。

発酵

ビニール室の中で蒸気を当て、発酵させます。

適温を保つために様々な工夫をしています。

乾燥

中揉機を使って乾燥させます。

完全に水分が抜けたら紅茶の出来上がりです。

仕上げに、太い茎や発酵しなかった葉などをピンセットで

丁寧に取り除き、出荷します。

編 集